急激にバックリンクを増やすのはペナルティ?理想の被リンク増加速度

「バックリンクを増やすのに急に100本、500本などの沢山のリンクを増やしたらペナルティを受けるのか?」

「1日に何本までならリンクを張ってもペナルティを受けるのか?」

こんな疑問を誰でも直面しているか、一度は通過したことがあるはず。あるSEOスペシャリストのインタビューでは、「1日にリンクを数千本だか数万本だか張ってもペナルティにならない。ただしそのペースを護り続ける限りは。」なんてことを言っていた。

つまり、「何本までならペナルティにならないか?」、なんてことは分かるはずもないしまったく意味がない。例えば、一度に1000本張ってペナルティになる場合もあるが、10万本張ってもペナルティにならない場合はいくらでもある、ということ。

自然なWebの世界においてあり得るリンクの張られ方であれば、それがペナルティを食らう条件であるはずがない。
疑わしきは罰せず(それに加えて様々なフィルタでふるいはかけられるけど)が前提じゃないと、脳内メーカーのようにブームを起こしたサイトなんかが全部アウトってことになってしまうから。
しかも海外ではそれを上回る規模の爆発的なリンク増加もあることでしょう。


ではリンクを増やすペースはどれくらいが理想か?それについては以下が参考になる。

1.突出型――ある時点で急激にリンクが増えるパターン。ニュース性のある記事や口コミに起因する場合はそれほど大きな問題はないが、リンク購入や質の悪い大量のリンクが原因の場合は、最悪。

2.直線型――常に一定のペースでリンクが増えるパターン。グラフにすると直線状になる。多くのサイト管理者が毎月何本と決めて、リンクを張っている。突出型ほど悪くはないが、次の幾何学型ほど良くはない。

3.幾何学型――最初はスローペースだが、毎月徐々に増加ペースが上がっていくパターン。


さて、この中でどれが理想でしょう。

ナチュラルであればあるほどいいということを考えれば、答えに行き着くのはそう難しいことではない。

答えは引用元を参照されたし。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/07/31/6202

最後に、検索エンジンはいつリンクを張ったか、だけでなく特にどのようにバックリンクの量と質が推移しているかまで判断している。と覚えておけばいいんじゃないかな。

蛇足だけれど、被リンク増加数をグラフ化したものを想像すれば不自然かどうかは感覚的に分かるだろうし、おそらく自然なリンク構築をしているサイトというのは、必ず幾つかの多くて数十程度のパターンに入っていると考えている。
それが正しければ検索エンジンが機械的にそれらに合致しているか、それとも外れているかを判断するのは容易かつ確実で、最も楽なフィルタのかけ方ではなかろうか。

そのパターンから外れた時にペナルティの危険性が急激に高まると推測している。



■ 編集後記 ■

この件は、SEOや検索エンジンの仕組みに詳しくなくても、いいサイトを上に出すという理想のゴールありきで論理をゴールから逆算していけば疑問が殆ど解決するということを暗に意味していると思う。

そして導き出された答え(施策)は、大体が至極当たり前のことで、しかしSEOを手がけて恣意的に上位表示を狙う人にとっては頭を抱えるような結論なんだ。笑

それの行き着くところは、どのSEOスペシャリストにSEOのコツを聞いても「いいサイトを作ることが最も費用対効果の高い施策である」と言われることか。
posted by SEO SEM アクセスアップ アフィリエイト at 06:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | seo はてなブックマーク - 急激にバックリンクを増やすのはペナルティ?理想の被リンク増加速度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125098272
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。